深夜で仕事を探すなら高収入求人を探そう

二種免許を取得する

タクシーを運転するのに必要な「第二種運転免許」とは

タクシードライバーは、その名の通りタクシーの運転を生業とする人です。タクシーでお客さんの希望する目的地まで安全かつ正確に送り届けるのが、タクシードライバーの主な仕事です。さて、タクシードライバーになるためには、「第二種運転免許」が必要です。これは、タクシーなど旅客を乗せて自動車を運転する時に必要な免許です。タクシーだけでなく、「運転代行サービス」を行う時にも必要です。第二種運転免許は、第一種運転免許に比べてより安全を意識した運転技術、そして他の交通への配慮が求められます。これに加えて、「交通弱者」と呼ばれる子どもやお年寄り、身体障害者などについても学ぶ必要があります。そのため、第二種運転免許の教習は学科教習と技能教習の両方があり、第一種運転免許を持っていても学科教習は免除されません。

タクシードライバーの形態について

タクシー会社で勤務するタクシードライバーや、個人でタクシー事業を経営する人など、日本には実に沢山のタクシードライバーが存在します。タクシードライバーの大きな特徴は、平均年齢の高さにあります。タクシードライバーはもともと「定年」が高く、高齢になっても働き続けることが出来るため、平均年齢は56.8歳と他の業種に比べると高めです。また、勤務時間にも他の業種にない大きな特徴があります。最も一般的なのが、朝から翌朝まで働き、その次の日は必ず休みになる「隔日勤務」と言う働き方です。1日の拘束時間が最大で21時間と長いため、勤務の翌日は必ず休みになるのです。そして、収入については業者によって異なるものの、「固定給と歩合制」の組み合わせであることが多いです。そのため、人によっては年収1000万円近く稼ぐ一方で、300万円に満たない人も少なくありません。タクシードライバーは、収入の格差が大きい仕事なのです。

Copyright© 2015 働きたい仕事を求人情報サイトで見つけよう All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com